calendar

S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< August 2020 >>

categories

archives

管理者について

無添加化粧品リンク

無添加化粧品ランキング

おすすめ化粧品アイテム

無添加化粧品おすすめ



にほんブログ村 美容ブログ コスメへ
にほんブログ村

search this site.

links

profile

無添加化粧品を語る〜無添加好きな人へ

0
    無添加化粧品を語るときに、いつも疑問が生じる。
    人々はいったい「何が無添加」なものを求めているんだろうって。

    こんな話がある。
    ファンケルが、その昔アメリカに進出したときのはなし。
    「無添加化粧品です」と言って売っていたら、ま〜〜〜〜ったく売れなかったらしい。
    アメリカ人にとっては、
    「え??無添加?何にも入ってないの?水だけなの?」と思って、
    何の効果もない化粧品を売るなんて変わっていると思ったそう。
    その後、結局「ボタニカル」「ナチュラル」を売りにすることに変更し、
    現在ではアメリカ向けの特別なコスメラインを作って販売してる
    (ボシアというライン。お茶エキス配合とかで日本らしさを出している)。

    ま、そういった話もあるように、「無添加」について、ほんとに個人の考えですごく違う。
    いったい、何が無添加なのを、人々は求めているんだろう。
    たいてい、以下のパターンかな?とおもうパターンをあげてみる。

    A:旧表示指定成分無添加・・・この場合、ファンケル信者が多い(私も信者だ)。
    B:ノンパラベン、合成香料無添加、合成着色料無添加、鉱物油無添加・・・
      これもファンケル、アスカあたりのファンと、わりとどんなメーカーでも無添加ならOKと
      考えている無添加好きが多い。
    C:A+B+合成界面活性剤無添加・・・オーガニックコスメ好きが多い。
      そしてけっこうかたくなナ人が多い。ほかは受け付けないような。
    D:A+B+C+化学物質無添加・・・もう原料コスメしか使えない人。
      成分オタク的な、ちょっとした成分が入っているだけで目くじらを立てるタイプ。
      「BG入ってたら無添加っていえないでしょw」的な。

    わたしはBGくらいいいじゃん・・・もうそんなこといってたら水だけになっちゃうよ、とおもう。
    あと、逆に、水に植物エキスのみの化粧水って、
    案外肌に刺激が多いことが多い。
    植物エキスって、ナチュラルってことにおいては王様だけど、
    刺激がないって、ことに関してはNGだもん。

    それから、問題なのが「シリコン」と「ポリマー」の扱いについて。
    これを嫌う傾向もものすごくある。
    でも実を言うと、この2つの成分はみごとに
    「無刺激」の成分なんです。
    刺激がまったくないということは、肌へ影響がないということ。
    よく、「皮膚呼吸できない」などというけど、もともと皮膚呼吸なんてしてない。
    汗をかいたり、油を出したりはしてるけど・・・呼吸は口からと言うことで。。
    それに、最近のポリマーは、網状にひろがるから、肌を覆い尽くすと言うことはないらしい。
    刺激のないものを求めて無添加化粧品に行き着いた人なら、
    ポリマーなんかは推奨の成分になるんだけどな。
    ナチュラル&エコロジーをコンセプトに無添加化粧品に行き着く人にとっては、
    化学的な名前ってだけで鳥肌もんでしょうけども。(アクリルXXポリマーのような名前)。

    どちらにしても、
    「やりすぎず、ほどほどに」と言いたい。
    無添加にこだわりすぎて、「ほ〜らこの成分はNG成分だ!!」と、
    目をぎらつかせて血眼になってるよりは、
    「無添加好き〜〜」と、ぽわわんとしているほうが、女度があがるっつうもんだ。うん。

    ウィズネットの人気コスメブログは?
    にほんブログ村の人気コスメブログはこちら



    JUGEMテーマ:無添加スキンケア
     

    コメント
    モニプラへのご応募ありがとうございました。
    選考中にこちらのブログを拝見させていただき、とても賛同できる内容でしたのでコメントしてしまいました。

    当社の商品企画段階でも「BG」などの石油由来成分についてはかなり議論になりましたが、実際に「BG」までダメにしてしまうと、不安定な化粧品しか作れなくなってしまいます。

    不安定というのは、化粧品の使用期限である3年を守れなくなってしまうということです。

    開封後1ヶ月などの使用期限を設け、冷蔵庫での保管をお願いすれば「BG」や防腐剤なしでも作れることは作れるのですが、お客様の使いやすさなどからは遠ざかってしまいます。

    また、過剰に無添加な商品を提供することは、逆にお客様のお肌トラブルが増してしまうと考えております。
    (例えば、「グリセリン」は植物由来の成分ですが、BGと比較すると、刺激が多いのはグリセリンの方です)

    どんな処方で化粧品を提供するかは、いつも悩むところでございますが、ブログに書かれたこのようなご意見は大変参考になります。

    長文での書き込み失礼いたしました。
    コメントありがとうございます。
    生意気な?私の意見に素敵なコメントを頂き恐縮です。
    グリセリンのほうがBGより刺激的というのは知りませんでした。
    これからもHPなどでためになる面白い話しを教えてくださいね。HP遊びに行きます!
    • ryo_tan
    • 2012/05/25 3:46 PM
    コメントする








       
    この記事のトラックバックURL
    トラックバック

    selected entries

    recent comment

    others

    mobile

    qrcode

    powered

    無料ブログ作成サービス JUGEM